老後の医療費は子供の負担に!65歳払済で一生涯の保障を手に入れる。

老後の医療費は子供の負担に!65歳払済で一生涯の保障を手に入れる。

こんにちは。さやペンです。

 

保険料の払込方法ってどうしてますか?

例えば、終身契約の医療保険。

一般的に勧められるのは『終身払い』

『必要な期間に対して必要な保険料を支払う』という合理的な方法。

でも本当に終身払いでいいのでしょうか?

 

今は、家族のために医療保険に加入していると思います。

家族を支える立場である以上、倒れてしまってはみんなが困ってしまいます。

もしもの時の出費・収入を補うための備えとして保険に加入していると思います。

では、老後はどうでしょうか?

子供達も自立しているだろうし、自分にもある程度の貯蓄があるだろう。

だから自分のための医療保険は最低限にして保険料の無駄をなくそう。

と考えたりしませんか?

でも、医療保険はいくつになっても家族のためなんです。

病気になってしまうと、まわりの助けが必要になります。

通院や生活の支援・介護など、様々な面で負担になってしまいます。

そんな時に、医療・入院費が足りない...

なんてことになったら...

金銭的負担まで背負わせることになってしまいます。

 

子どもたちの幸せを願う親が、子供の負担になりたくないですよね。

なので、老後にも万全の備えをするべく『65歳払済』を選択。

短期払い(65歳払済)をする場合、デメリットもあるので理解した上で選びましょう。

 

3つの項目にあてはまる人は短期払いを検討しよう

結論として、下の3つの項目にあてはまる人は短期払いを考えてみるべきです。

  • 今後、保険内容を変更する予定はない
  • 老後も今と同じ保障内容を続けたい
  • 60歳・65歳以降に保険料の負担を考えたくない

さやペン家の保険はすべて60歳・65歳払済の契約になりました。

さやペン家加入の保険内容を詳しくをたい方はこちら

【36歳夫婦の加入保険】まだ保険料が安いうちに老後も見据えた内容に変更。一生涯の保険設計

 

【終身死亡保険】は若い時に加入したということもあり、60歳払済の契約。

なので、60歳以降の保険料の払い込みは不要で200万の保障が一生涯続きます。

 

【収入保障】は大きな死亡保障で子供が成長するまでの65歳までの契約。

こちらは65歳で契約終了のため保険契約自体が65歳で終わります。

 

【終身医療保険】は65歳払済を選択。

65歳以降の保険料の払い込みは不要で保障が一生涯続きます。

 

短期払いのデメリット

短期払いのデメリットは『保障内容を変更できない』という点です。

契約時点での保障内容を一生涯続けることになります

短期払いは、『終身払いの保険料に一定期間分の保険料をプラスし先払いする形』になっているため、保険料は高く設定されています。

そのため、途中で解約してしまうと損をすることになります。

なので、短期払いをする場合は『今後保険を変更する予定がない』ということが重要になります。

 

若い人・常に新しい保険に加入しておきたいと考える人には終身払がおすすめ

今後、保険を変更する可能性が高い場合はわざわざ高い保険料を支払う必要はありません。

終身払いでムダなく加入しましょう。

 

ただ一つ忘れてはいけないのが『加入年齢が上がるにつれて保険料も高くなる』ということ。

新しい保障内容に変更する場合、その時の年齢で保険料が再計算されることがほとんどです。

なので保険料が高額になってしまわないよう注意が必要です。

 

短期払いのメリット

短期払いの最大のメリットは、老後の保険料負担がなくなること。

老後の保険料負担がなくなることで、保障の減額を避けられます。

 

よくある失敗談です。

60歳の定年を機に医療保険を日額10,000円から5,000円に減額した。

いままで入院なんてしたことが無かったのに、入院することになってしまった。減額しなければよかった。

定年を迎え役職が外れると給料は少なくなります。

そうなると日額10,000円の医療保険の保険料が大きな負担に感じるようになります。

一般的に病気をするリスク、けがをするリスクは年齢が上がるにつれて高くなるのに、なぜ減額してしまうのか?

そこには心理的要因が大きく関係しています。

【収入が多いときの5,000円】と【収入が少ない時の5,000円】を比べてみてください。

収入が多いときの5,000円は安く感じ、収入の少ないときの5,000円は高く感じませんか?

同じ保険料でも収入が多い少ないで感じ方が変わってしまいます。

『今まで保険を使うこともなく元気に過ごしてきた』という人は特に減額してしまいがちです。

なので今のうちに老後の医療保険がどの程度必要かもしっかり考えておきましょう。

 

 

60歳払済・65歳払済は損か得か?

65歳払済の場合、終身契約の保険料を65歳で全部払い終えることになります。

なので、毎月の保険料は、終身払いの保険料よりも高くなります。

高くなる理由は、78歳くらいまでの保険料が加算されているから(平均寿命がそのくらいの年齢になるのかな?)

65歳から78歳までの13年間にかかる保険料を、65歳までの間に一緒に支払うことになります。

つまり、78歳以上長生きすれば保険料はお得に。

反対に、78歳未満で亡くなってしまった場合、終身払いより多く支払っていた分は損をすることになります。

何歳まで生きるかわかっていれば選びやすいんですけど…損得だけで決めるのは難しい。

なので、老後の医療保障をどの程度必要かが重要になってきます。

日額10,000円なのか日額5,000円なのか。

 

78歳でも医療保険は必要なのか?

60歳・65歳払済にすると、だいたい78歳くらいまでの保険料を先に納めることになります。

そこで疑問になるのが、

78歳で医療保険が必要なのか?

ということ。

公的制度もあるし、年寄りだし、贅沢言わないし…

生きてるかどうもわからないし…

いろいろ思うところはありますが、今現在、販売されている医療保険の中には、85歳まで加入できる保険があります。

保険が新しく作られているということは、需要があるということ。

このことから考えても、高齢になってから入りたいと思う人がいる。ということです。

高齢者の医療費負担割合が引き上げられたり、年金は減ったり…

高齢になるほど、病院へかかる機会が増えるので、医療費不安が出てくるんだと思います。

高齢になればなるほど、お世話になるのは自分の子供達やその配偶者だったり…

医療が進歩して手厚いケアを受けられるぶん、病気を抱えながらでも長生きでるようになりました。

それと、同時に医療費・入院費も必要になります。

将来、自分が子供たちの負担にならないためにも、自分でしっかり備えておきたいと思うので医療保険は終身契約が必要だと考えます。

 

保険会社もしっかり選ぼう!

一生涯の保険を選ぶ際に気をつけたいのが、保険会社が大丈夫かどうか。

60歳・65歳で保険料の支払いを終え、保険を確保。死ぬまで安心して過ごす計画にしていたのに…保険会社が倒産…

なんてこと事になってしまったら計画が台無しです。

それに、今から別の保険を探して加入し直さないといけなくなったら、保険料も高くなってしまいます。

そんなことにならないように、

長期的に見て安心できる保険会社を選ぶことも重要です。

 

まとめ

老後の医療費は家族(子供)の負担

公的制度も情勢によって見直されるので、いつまでも同じとは限りません。

現に75歳以上の後期高齢者の医療費負担割合が引き上げられるとか…

老後の資金を自分達で蓄えておかなければいけない。というのが常識になりつつある今、医療費についても自分達でどうにかしなければならなくなる時代が来るかもしれません。

そうなったとき、高齢だったら...

今のうちからしっかり備えておきましょう。

お金に関する事カテゴリの最新記事