【バリスタでおいしいアイスコーヒーが作れるって知ってますか?】シンプルでもアプリを使えば大丈夫!

【バリスタでおいしいアイスコーヒーが作れるって知ってますか?】シンプルでもアプリを使えば大丈夫!

こんにちは。さやペンです。

 

暑くなってくると、アイスコーヒー飲みたくなりませんか?

さやぺん、毎朝コーヒーを飲むのですが、暑くなってくるとホットからアイスへと変わります。

なので、インスタントコーヒーは封印して、ボトルコーヒーを常備するようになるのですが、そうなると買い物が大変になってくるんですよね。

重いから…

そこで冬に買った『バリスタ君』が登場。

買った当初は、冬の間だけ〜なんて思ってましたが、『アイスコーヒー』も作れることが発覚!

いまでは年中無休で毎日働いてくれてます😊

 

バリスタでアイスコーヒー

ネスカフェのコーヒーマシーン

【ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ】

『バリスタ』と『バリスタ専用アプリ』を使うと、格段においしいアイスコーヒーが簡単に入れられます。

今までも、インスタントコーヒーを使ってアイスコーヒーを作ろうを思えばつくれました。

でもちょっと手間なうえ、おいしいとも言えなかったような記憶が...

なので、あまり期待せずに作ってみたんですが…

なっなんと、バリスタで入れるアイスコーヒーは、と〜ってもおいしかったんです!

で、ハマってしまってお茶の代わりにコーヒーばっかり飲んでたらちょっと太ってしまった😅という現実。(砂糖も牛乳も入れちゃうので…)

でもそれくらいおいしいよって事を伝えたい。

 

【アイスコーヒーのデメリット】

バリスタでアイスコーヒーを入れる際のデメリットは、専用アプリの起動が面倒ということ。

私が使用している【バリスタシンプル】の場合、『エスプレッソメニュー』が無いのでアイスコーヒーはアプリを使わないと入れることができません。

バリスタ50とかなら、エスプレッソボタンがあるので、アプリなしでも入れられますが、美味しいアイスコーヒーを入れるためにはやっぱり専用アプリが必須です。

[バリスタ50]の場合、カップを最初にセットすれば、後はアプリの操作でコーヒーを淹れることができます。

[バリスタ シンプル]の場合、本体のレバーを引かなければコーヒーを淹れることができないので、専用アプリでメニューを決めマシーンに指示を出し、レバーを引いて淹れるようになります。

アプリ起動からBluetooth(ブルートゥース)で接続されるまでに少し時間がかかるので、その間にちょっと面倒だなと感じることが多いです。

 

【アイスコーヒーのメリット】

アイスコーヒーが家で作れる最大のメリットは、買い物が楽になるです。

毎年暑い時期になると、ボトルコーヒーの出番が来ます。

ボトルコーヒーはだいたい1本900ml(1杯150ml×6杯分)

1日1杯を2人で飲むと3日でなくなります。3日に1回買ってこなければなりません。

私は牛乳で割って飲むのが好きだったので、コーヒー+牛乳を買う必要がありました。

食品の買い物に行ったときに一緒に買うんですが、ボトルコーヒーは重い。

だから夏の間、買い物は大変。

それに1本98円くらいします。

なのでコーヒー代も高くなります。

でもバリスタでアイスコーヒーが淹れられると、重い買い物から解放され節約にもなります。

たまに牛乳を買うだけでよくなります。

コーヒーがなくなっても粉を買えばいいのでコンパクトで軽い。

そして美味しいのだから文句なしです。

 

 

バリスタのアイスコーヒーは薄い?

『バリスタのアイスコーヒーは薄い』といった口コミを見ますが、入れ方を間違えなければ大丈夫です。

上の写真は【バリスタ シンプル】で試しました。わかりやすいように、氷なしでいれています。

シンプル本体には2種類のメニューしかないのですが専用アプリを使うことでアイスコーヒーを入れることが可能になります。

左がアプリを利用して入れたアイスコーヒー

右が普通に入れたブラックコーヒー

おいしいアイスコーヒーを入れるには、専用アプリを使ってください。

通常のブラックコーヒーの入れ方で作ってしまうと水の量が多くなるので、薄くなってしまい美味しくありません。

ブラックは、コーヒー2gに対して水140ml

エスプレッソは、コーヒー2gに対して水80ml

アイスコーヒーでは、コーヒー2gに対して水60ml

エスプレッソでも水の量はだいぶ少なくな設定されていますが、アイスコーヒーの場合さらに20ml少なくなっています。

ホットで抽出されるコーヒーを冷やすための氷の水分量が考慮されています。

アプリを使うのが面倒な場合は、マシンについている『エスプレッソタイプ/アイスメニュー』のボタンを押すと作れます。

でもその場合、少し薄く感じるかもしれません。

一番おいしいアイスコーヒーを作るには、専用アプリを使って入れるのが一番です。

専用アプリを使うと、もっと細かい設定もできます。

コーヒーの量を多くしたり少なくしたり、水の量も調整できます。

カプチーノなどのメニューでは、コーヒーの量・水の量・泡立ちも調整可能です。

 

アイスコーヒーの入れ方

アイスコーヒーの入れ方は簡単。

はじめに専用アプリをインストールしてください。

ネスカフェ - アプリ

ネスカフェ – アプリ
開発元:Nestlé
無料
posted withアプリーチ

 

 

① 専用アプリ起動

 

② 右下のアイスコーヒーを選択

 

③ 氷を入れたカップをセット(アプリでは3つくらいと書いてありますが、私はたくさん入れます)

砂糖を入れる場合は、この時に氷の上に入れておく。

 

④ アプリの淹れるを押す。

『ちょっと待ってね』と出て本体と接続されます。

 

⑤ 【バリスタ シンプル】の場合は、右側のコーヒーレバーが光るのでレバーを引いて淹れます。

 

⑥ コーヒーが抽出されている間に、ネスカフェ ポイントが付与されます。

 

⑦ ルーレットで当たればさらに5ポイントゲット。

 

⑧ コーヒーの抽出が終われば出来上がりです。

砂糖を入れた場合、下に溜まりやすいのでよく混ぜて下さい。

私はこの後、牛乳を少し入れてカフェオレにします。

アイスコーヒーの場合、クリープ(粉)は解けにくいのでフレッシュや牛乳を使った方がおいしくできます。

 

専用アプリでポイントがたまる

専用アプリを使ってコーヒーをいれるとポイントが付きます。

ポイントがたまると商品と交換してもらえます。

一押しは『バリスタ マグ』

14,000ポイントで『バリスタ マグ』4個セットと交換してもらえます。

コーヒーを飲めばたまるポイント。飲むだけですよ。嬉しいですね。

 

『バリスタシンプル』と『バリスタ50』

バリスタにはいくつか種類があります。

さやペン家にあるのは『バリスタシンプル』。

実家には『バリスタ50』があります。

はじめに購入したのが実家にある『バリスタ50』

実家には人が集まるのでカプチーノやカフェラテ、ブラックなどメニューがえらべる『バリスタ50』を。

さやペン家では、コーヒーを飲むのがさやペンだけ。しかも、カフェラテしか飲まない。ということで『バリスタシンプル』を選びました。価格も手ごろだったので。

『バリスタシンプル』は購入当初、ブラックコーヒーとカフェラテしか入れられませんでしたが、その後専用アプリが使えるようになり、アプリを使えばバリスタ50と変わらないメニューを選べるようになりました。

アイスコーヒーも専用アプリのメニューが追加されたのでいれれるようになりました。

なので今はアプリを使えば、『バリスタシンプル』でも『バリスタ50』でも大差ないと思います。

ただ『バリスタシンプル』に関しては、レバーを引いてコーヒーを入れるので、アプリを操作しても最後はレバーを引かなければなりません。その点はちょっと不便です。

 

まとめ

ネスカフェ バリスタは入れ方を間違えなければ、おいしいアイスコーヒーが簡単に作れます。

夏のコーヒー代節約にもなるし、買い物の手間もはぶけます。

冬はもちろんホットで美味しく飲めます。

インスタントコーヒーを普通に淹れるのとバリスタ で入れるのではおいしさ・香りどちらも違いました。

バリスタで淹れるコーヒーはとってもおいしいです。

はじめは、冬など寒い時期しか使えないと思っていましたが、アイスコーヒーが大活躍。

なので1年中使えて、今では無いと困ります。

一回一回カップに粉を入れる手間も無くなり、お水も数回分まとめて入れられるのでコーヒーを淹れる手順が少なくなりとても便利です。

ぜひこの機会に検討してみてください。

 

生活一般カテゴリの最新記事