左ジョイコンのLボタン交換修理。自分で簡単に修理できるよ~。

こんにちは、さやペンです。

ニンテンドーSwitchのジョイコン。

今度は『Lボタン』が壊れちゃいました…。

押すとカチカチ音はするけど、全く反応なし。

修理が必要みたいです。

ジョイコンは必要なパーツと、Y字ドライバー・+ドライバーがあれば簡単に修理できるので自分でやっちゃいます。

 

Lボタンのパーツ購入

左ジョイコンとLボタンパーツ

Lボタンのパーツはネットで販売されてます。

意外と小さなパーツでした。

注文して届いたら早速修理していきたいと思います。

ジョイコン修理に必要な物

ジョイコンを開けるのに必須なのが『Y字ドライバー』と『+ドライバー』

Y字が特殊なので持っていない場合は、ジョイコン修理セットを購入するといいです。

修理セットはスティックパーツと一緒になっている物が安くてお得です。

スティックパーツもよく壊れるので後々必要になるかもです。

Lボタン交換手順

①ジョイコン裏側のY字ネジを4つ外してカバーを開く。

ジョイコンY字ネジ4カ所

②バッテリーを下へよけ、ネジを3つ外す(+ドライバー)

バッテリーの線は下につながったままなので引っ張りすぎないよう注意。

バッテリーは両面テープで軽く固定されています。左上の方に凹みがあるので、バッテリーを下から持ち上げる感じで外します。

ヘラなどがあると便利。

③ネジが外せたら右側へよける(ここも線がつながってるので引っ張りすぎないように)

④古いパーツを取り外します。(ジョイコンの黒いLボタンはのせてあるだけなので外れても大丈夫。後で戻します。)

Lボタンパーツの取り外しロックとネジの位置

オレンジの線を固定しているグレーのロックを外します。

ロックはオレンジの線側から外します。爪や細い物で下から上へはじくような感じで解除します。

ロックが外れるとオレンジの線は簡単に引き抜けます。

次に、上の方で固定されているネジを3カ所はずします。これで古いパーツがはずれます。

古いパーツはボタン部分が断線していたようで、外した瞬間にポロッと落ちてきました。

壊れたLボタンパーツと新しいパーツ

新しいパーツと少し形が違うのは、右側部分が折り曲がってないからです。

取り付け時に上へ折り曲げて、ネジで固定するようになります。

古いパーツを取り外した状態です。

Lボタンパーツを取り外した状態

ネジは使われている場所によって色が分かれていました。

ネジの使用場所と色の違い

⑤新しいパーツを取り付けていきます。

はじめにオレンジの線を差し込み、グレーのロックをしておきます。(上のネジを固定してからだとやりにくそうなので)

Lボタンパーツの取り付け

次に左上のプラスチックから固定。

ネジ穴と上のくぼみに合わせてネジを止めます。

⑥次に右側部分を上に折り曲げ、ネジを止めていきます。

ネジ穴を合わせると、丸い穴に「+」右のくぼみに「-」がピタッとハマります。

右下のネジから止めます。

もう一つのネジも止めれば交換完了。

黒いLボタンを戻します。

左に付いてるバネを押し縮めるようにして戻します。

⑦後は逆手順で戻していきます。

バッテリーケースを戻し3カ所ネジで止める。

バッテリーを戻して、ジョイコンを閉じる。

⑨外側のネジ4カ所止めれば終わりです。

switchにセットして動作確認して終わり。

まとめ

ジョイコン『Lボタン』交換修理は、10分くらいで簡単にできました。

スティックの交換も簡単。

関連記事

こんにちは、さやペンです。 ジョイコン修理やってみました。 右と左のスティックを2つとも交換。 かかった費用は1,880円。 新品を購入する場合の費用は8,530円(2個入り) 修理に出した場合は、1本2,20[…]

他の部分が壊れても、いろんなパーツがネットで販売されているので自分で直せそうです。

やってみると意外と楽しいので、ジョイコンが壊れちゃった場合は是非、セルフ修理やってみて下さい。