【庭に置くだけRV-BOXで簡単砂場の作り方】DIY不要ですぐに遊べる!いらなくなったら簡単処分

【庭に置くだけRV-BOXで簡単砂場の作り方】DIY不要ですぐに遊べる!いらなくなったら簡単処分

こんにちは。さやペンです。

 

今日は、砂場の作り方について(^^)

庭に砂場を作る方法は2種類。

  • DIYで公園のような本格的な砂場をつくる
  • 衣装ケースやコンテナボックスなどの箱を使って簡易的な砂場をつくる

「かわいい子供のために砂場を作るぞー!」

と気合が入ると、みんながびっくりするような立派な砂場を作ってやろう!

と気合の入るパパさんいると思います。

でも、ちょっと待ってください。

ほんとに立派な砂場が必要ですか?

砂場の利用期間は意外と短いですよ。

いらなくなった時のこともちょっと想像してみて下さい。

 

お家に合わせて最適な砂場を作りましょう。

RV-BOXの簡易砂場ならママ1人でも作れます!

 

家に砂場を作りたい理由は?

  • 公園の砂場の衛生面が気になる
  • 公園まで行くのが大変

子供が生まれてから知ったことですが、公園の砂場は汚いらしい…

猫や動物のうんち、雑菌など…言われてみればそうですね。

まぁ、のら猫はあまり見かけなくなりましたが…

イタチとか、小動物がいるのでしょう。

保育園や幼稚園の砂場も、今はほとんどの園がカバーをかけています。

それだけ衛生面に気を使うようになっているということですね。

ある程度大きくなれば、砂の扱いも上手になりますが、小さなうちは思いもしない遊び方をしたりします。

あたまからかぶってみたり、まき散らしてみたり。

そして目に入ったり、口に入ったりします。

なので衛生面に気を配る必要があるんですね。

 

 

あと、砂場といえば小さな子。

目が離せません。

だからいつも近くで見守る必要があります。

でもこの時期って、

2人目や3人目ができたりして、お世話が大変だったり、長時間公園にいる事が難しかったりしますよね。ママの体調がすぐれない時だって。

我慢させるのもかわいそう、だけど付き合ってあげられない。

そんな悩みを解決するために、お庭に砂場を作るんです。

 

DIYで砂場を作る

DIYで砂場を作るための材料

木材・防草シート・抗菌砂(遊び砂)・ブルーシート

① 砂場の大きさや場所を決める。

② 庭に穴を掘る。木材が埋まるくらいの深さ。

③ 防草シートを敷く。

④ 木材で砂場の枠を作る。

⑤ 抗菌砂などの砂を入れる。

ちょっと大ががりなのでパパさんの出番かな。

遊ばない時は、ブルーシートなどで蓋をしておきます。

 

【メリット】

  • 砂場の中に入って遊べる。
  • 友達と一緒に大人数で遊べる。
  • 大きな山を作ったり、山を囲んで長い道を作ったり、型抜きをたくさん並べたり、広い範囲で大きな遊びができる。

【デメリット】

  • 作るのが大変。
  • 遊ばない時のブルーシートをかぶせた状態が、庭の景観を損ねる。
  • いらなくなった時の処分に困る。(処分は大変なので、花壇などに変更するのがいいかも)

 

衣装ケース・コンテナボックスで簡易砂場を作る

簡易砂場の材料は2つだけ

  • 蓋付きの入れ物(衣装ケース・コンテナボックス・RV-BOX)
  • 抗菌砂などの遊び砂

① 蓋付きの入れ物を買ってきて、庭に置く。

② 砂を入れて完成!

 

【メリット】

  • 簡単に作れる。
  • 遊ばないときは蓋を閉めるだけで見た目もスマート。
  • いらなくなった時の処分が簡単。

【デメリット】

  • 砂場の中に入って遊びにくい(1人なら遊べないこともない)
  • 遊べる範囲が狭い。

 

砂場に最適なケースは?

砂場を作るときに一番重要になってくるのはケース(BOX)です。

砂場の作り方で検索すると、よく出てくるのは衣装ケース。

でも、砂場といえば『そと』屋外ですよね。

ベランダでも日が当たります。

衣装ケースだと日に焼けてすぐに割れてしまう可能性があります。

割れてしまった場合、子どもに使わせるのは危険ですよね。

なので、わたしはRVーBOXをおすすめします。

商品説明にも屋外収納。と書かれているので外で使うことに問題無し。

しっかりしていて丈夫なのでおすすめです。

おすすめは、フタ付きで横幅が長い浅型タイプです。

アイリスオーヤマのRV-BOX。

幅は77センチと90センチがあるようです。

さやペン家で使っているのは90センチのものでした。

遊び砂(1袋15キロ)のものが2袋は余裕で入ります。

おもちゃなども一緒に収納できます。

 

ホームセンターで探す場合、車関係のところに行ってみてください。

さやペンはBOXの用途や名前がわからなかったので、ホームセンター内をうろうろし、車用品の所で見つけました。トランクの収納などに使うようですね。アウトドア用品のところにも置いてありそう。

価格は衣装ケースよりも高いですが、小学校1.2年生くらいまでは遊んでいたので長持ちする方を選ぶべきです。

さやペン家の砂場は8年経過。蓋を止める部分が片方壊れてしまったけどまだまだ大丈夫そうです。

ちびペン君が大きくなるまで使います(^^)

 

自宅に砂場を作った感想

絶対あると便利!楽!

子供は喜ぶし親は楽だし一石二鳥!

兄弟がいるならなおさら。

家の前ですぐ遊べる。

メリットがたくさんです。

 

砂場って意外と人気で、近所の子供たちもよってきて一緒に遊んでました。

幅90センチのBOXの前に3人。

ちょっとギュウギュウでしたが楽しそうでした。

小さい砂場だとあまり遊べないかな?とも思いましたが、子どもは遊びの天才!

工夫して遊ぶので全然大丈夫でした。

 

蓋付き砂場あるある

雨が入らないので乾燥していて砂がサラサラ。

公園や園の砂場のような適度な湿り気がない。

そのため、泥だんごや型取りする場合は水をいれないと作れない。

少し水を入れれば解決します。

子供に入れてもらうと喜んでやります。

が、楽しみすぎて水浸しになることが多々あります。

水を入れた後は乾燥させたほうがいいので、ふたを開けたままにして、乾いてから閉めるようにしましょう。

水抜きの穴を開ける人もいますが、ケースの下は通気性が悪くジメジメしているので、変な虫が小さな穴から入ってくると怖いのでやめました。

水を入れすぎた場合はコンテナの端を持ちあげ、斜めにし、砂の上に溜まった水を外へ流しておきます。乾燥まで少し時間がかかりますが、2日くらいすれば乾いて元に戻ります。

 

砂場が不要になったら

砂遊びは小学校の低学年くらいまでで、高学年になれば全く興味を持ちません。

なので不要になります。

そうなれば砂場は終わり。

コンテナ BOXは粗大ゴミに出したり、屋外収納として使ったりします。

問題は砂です。砂は処分に困るんです。

なぜなら、ゴミとして回収してくれないからです。

土・砂・石は自然物になるそうです。

なので、ゴミとして扱われない為、回収してもらえません。

ゴミの分別表などで確認してみてください。

回収できない物に書いてあります。

だったら、その辺に捨ててしまえば…と思うかもしれませんが、そのへんに勝手に捨てると不法投棄にあたります。

そんな感じで、砂の処分には困ってしまいます。

自宅に庭や植木がある場合は、そこに撒けるのでいいのですが、無い場合は注意が必要です。

処分する時のことも考えて、砂の量を調整してください。

マンションのベランダとかに設置する場合は、処分方法もしっかり調べてから作りましょう。

 

お家遊びには踏み切り!

カンカン踏み切り簡単作成。ダイソーのソフトソードが遮断機に変身。大きな踏切と段ボール電車で遊ぼう

子育て・遊びカテゴリの最新記事