ジョイコン・スティックの交換修理で気をつけるポイントは2つ!これで失敗しない

ジョイコン・スティックの交換修理で気をつけるポイントは2つ!これで失敗しない

こんにちは。さやぺんです。

 

やってみました。ジョイコン修理。

右と左のスティックを2つとも交換しました。

かかった費用は1,880円。

新品を購入する場合の費用は8,530円(2個入り)

修理にだす場合は、1本2,200円、2本だと4,400円

今回は修理キットも購入しましたが、次回からはスティックの部品だけでオッケー。

なのでもう少し安くできます。

 

switchのジョイコン修理は簡単!

スマブラとかフォートナイトなんかしてると、スティックをめちゃくちゃ使うからすぐ壊れちゃいます。

でもそのたびに買い替えや修理なんて、高くてできないですよね。

なので今後のことを考えれば、絶対に自分で直すべき!

自分でなおせばかなりお得!

失敗してもすでに壊れてたので問題なし。

成功すれば次からは節約。

失敗したら…次は修理か買い替え。

とにかくやってみて損はないと思います。

 

普通だったらみることのないジョイコンの内部が見れる&修理手順も見れるから子どもと一緒にやってみるのもおすすめ

高学年の子だったら一人でできちゃうかも。

ではさっそくやってみよう!

さやペン
さやペン
ちょっとまって〜!
修理を始める前に『失敗しないコツ』を確認してね。

 

修理前に要確認『失敗しないコツ』

ジョイコン、スティックの交換修理は簡単にできるけど、気をつけるポイントが2つあります。

これを知らないで修理を始めちゃうと、誤って壊しちゃう可能性が…

① 配線を押さえているロックを解除する。

赤い矢印の黒い部分がロック(ロックの色は黒(左側)とグレー(右側)の2種類あります)

黄色の矢印の方向から解除します(黒いロックを下から上へはじくようにあげると解除できます)

〔基盤と並行〕ロックがかかっている状態

〔基盤と垂直〕ロックが解除されている状態

② 配線がつながっている所があるので無理に引っ張らない。

写真の右上(グレーのロックがかかっている)オレンジ配線は上のカバーとつながったままなので強く引っ張らない。

事前にユーチューブなどで修理動画を見て予習しました。

すると、配線を止めるところにロックがかかっているという事を知りました。

ロックを解除していない状態で引っ張ってしまうと、接続部分に傷ができたり断線したりして壊れてしまいます。

この『ロック』の存在を知らずにこわしちゃう人がけっこういるそうなので、これを読んでいるあなたはもう大丈夫ですね。

 

スティックの故障確認

交換修理を始める前に最終チェックします。

[設定]→[コントローラーとセンサー]→[コントローラーの更新]更新があるときだけ更新されます。

コントローラーの更新で不具合がなおることも。

 

[設定]→[コントローラーとセンサー]→[スティックの補正]

スティックを触っていないのに勝手に動いたり、マークが中心に戻ってこなかったりすると、スティックが折れていると思われるので交換が必要です。

 

Joy-Conスティック交換手順

ジョイコンは右側・左側で内部の構造がちがっています。

ジョイコンを開けてビックリ!

ジョイコン内部は左右おなじじゃないんです。

スティックパーツは左右関係なく同じだったので、勝手に内部も同じだと思い込んでいました。

修理手順の写真と全然違っていたのでちょっと焦りました。

右側のジョイコンから修理しよう

左右両方のスティック交換が必要な場合は、右側のジョイコンから修理しましょう。

右側のジョイコンの方が簡単にできます。

 

『ロックをはずす・固定する』というの作業が、右側は1ヶ所、左側は2ヶ所あります。

作業じたいは簡単ですが、パーツが小さいのでやりづらく、ちょっと面倒です。

なのでその作業が1回ですむ右側の方が簡単に感じました。

ということで、はじめての修理は右側からがおすすめ。

 

【必要な道具】

ジョイコン修理キットが販売されているので、はじめてするときはキットを購入しましょう。

ジョイコンには特殊なY字ネジが使われています。

その他あると便利な道具が揃っているのでおすすめです。

2回目以降はスティックパーツだけを購入すればOK。

いろいろ入った修理キットを購入しましたが使用したのは下の写真のものだけ。

① ピンセット

② +ドライバー(2.0)

③ Y字ドライバー(1.5)

④ バッテリー取りシール(緑色のやつ)

⑤ ジョイコン交換用スティック×2

『ネジを置く場所』を用意しておくと、ネジが無くなるのを防げます

 

修理キットのセットになっていたけと使わなかったもの

Y字ドライバー(2.0)に関しては、ジョイコンの製造時期によってねじの大きさが違っていることがあるそうなので、必要になるかもしれません。

 

【右】のJoy-Conの修理

① Y字(1.5)ドライバーを使って4つのネジを外します。

【ネジを回すときの注意】ネジ穴でクルクルまわってしまうネジ穴がつぶれてしまうので、しっかり押さえながらまわしてください。

 

② スイッチ本体とくっつける方にコードがつながっているので反対側から開きます。

開きにくいときは、緑色(4:バッテリー取りシール)の道具をスキマに差し込むと開きやすくなります。

 

 

③ スイッチ本体と接続する方を手前にします。

赤い矢印の所からバッテリーの下に緑色の道具を入れ、テコの原理でグッと押し上げます。

両面テープがついているので少し力をいれます。

バッテリーの左側から線が出ているので左にのけます。

緑色の矢印は右側のジョイコンにだけついているものです。あとで左にのけます。

 

④ バッテリが入っていた枠をはずすします。

+ドライバーをつかって3カ所ネジをはずします。

右上のネジの所にコードが通っていますが、そのままでもネジが外せたので、ネジだけはずします。

 

⑤ 手前にささっている板のようなものを左にのける。

枠は右側にひっくり返す(裏返す)ようにしてのける。(コードが下につながっているため)

 

⑥ 赤い矢印のロックをはずしてコードを抜く。

ロックは黄色の矢印(右側)の方向から解除する。

コードは反対側(左側)へ引き抜く。

ステックを固定している2カ所のネジ(+)をはずして壊れたスティックパーツを取り外す。

 

⑦ 新しいスティックパーツを取り付けネジで固定する。

⑧ コードをロックする場所に差し込み押さえてロックする。

コードに少し余裕がありますが気にしなくて大丈夫です。

⑨ あとは順番に戻していきます(手順の逆戻り)

 

 

【左】のJoy-Conの修理

① Y字(1.5)ドライバーを使って4つのネジを外します。

【ネジを回すときの注意】ネジ穴でクルクルまわってしまうネジ穴がつぶれてしまうので、しっかり押さえながらまわしてください。

 

② スイッチ本体と接続するほうにコードがつながっているので反対側から開きます。

緑色(4:バッテリー取りシール)の道具をスキマに差し込むと開きやすくなります。

 

③ スイッチ本体と接続する方を手前にします。

青い矢印のあたりからバッテリーを外します。

バッテリーの下に緑色の道具を入れクイッと上へ押し上げます。

バッテリーから出ている線は右側に繋がっているので右へよけます。

 

④作業しやすいように180度回転さます。

バッテリーケースのネジ(+)を3ヶ所外します。

青矢印のコードが下へ繋がっているので引っ張り過ぎに注意。

 

⑤ バッテリーケースをのけたら、スティックパーツを交換する為に、コードのロックを解除していきます。

右上ネジの上をコードが通っているので、コードをのけないと、ネジが外せません。

緑の矢印の邪魔なコードのロック(グレー)スティックのコードのロック(黒)を解除してコードを外しておきます。

ロックの解除は矢印の方向からできます。

 

⑥ 邪魔なコードを軽く持ち上げながらスティック固定ネジ(+)を外します。

もう1ヶ所のネジもはずし、古いパーツを取り外します。

⑦ 新しいスティックパーツを取り付けネジで固定。

⑧ コードをロックする場所に差し込み押さえてロックする。

コードの長さに余裕があっても気にしなくて大丈夫です。

⑨ あとは順番に戻していきます(手順の逆戻り)

 

最後に動作確認をする

新しいスティックパーツに交換できたら、Switchのコントローラー補正で不具合がないか確認しましょう。

設定→コントローラーとセンサー→スティックの補正

 

まとめ

ジョイコンのスティック交換修理は簡単にできました。

スティックの不具合のみであれば、自宅で修理するのが1番。早くて安くてお得だと思います。

その他不具合がある場合、基盤が悪かったりすると自分で直すのは難しいので買い替えか修理が必要です。

 

この調子で、PS4のコントローラーも自分で直してやろう!と思い調べてみましたがPS4のコントローラー修理には『はんだ』が必要。

『はんだ』を使った記憶は…中学生の時…まぁやったことないわけじゃないし…なんて考えてみましたが費用がかかりすぎるということで諦めました。

PS4のコントローラーは自分で修理できる?保障期間は1年だけど期間経過後でもメーカー修理がお得な件

 

子育て・遊びカテゴリの最新記事