100均商品で作る本格的なボーリングレーン!ピンがレーンに引っ付くから2歳の子でも簡単に並べられる

100均商品で作る本格的なボーリングレーン!ピンがレーンに引っ付くから2歳の子でも簡単に並べられる

お家で遊ぼう!今日は、ボーリング!

おばあちゃん家で、空のペットボトルに少し水を入れて並べて倒すという遊びをしてからボーリングにハマったちび君。

初ボーリング場に行ってみよう!とゆうことになって遊びに行ったら、3ゲームも投げて大はしゃぎでした。

楽しかったようで、撮影した動画を見ては「またいこなー」と毎日言っています。

そんな時に100均のおもちゃ売り場で見つけたボーリングセット。買ってきてからは毎日「やるやるー」と言って喜んで遊んでいるのですが…自分ではピンをうまくならべらないのですぐにお呼びがかかります。

倒すのは得意なんですけどね。

自分では並べられないので私がその場から離れようとすると怒って連れ戻されてしまい、家事ができなくなることも…

そんなこんなで、小さい子でも一人でピンが並べられるように改良したいと思いました。

400円で作るお家ボーリング場

100均の材料をつかって、収納できるボーリングレーンをつくりました。ピンにも細工して、立てやすくしてます。

100均で揃える材料は4つ

【ダイソー商品】

  • ボーリングのピンとボール
  • 磁石(ボーリングのピンの底と同じくらいの大きさ)
  • カラーボード2枚(レーンの長さが短くていい場合は1枚でも可)

【道具】

  • キリ(穴を開ける)
  • カッター(小さめ)
  • セロテープ
  • 太いテープ

強力磁石だと倒れなくなりそうだったので普通の磁石を使います。黒板とかにくっついていたプラスチックの磁石で15個入りの大きさがちょうど良かったです。

磁石はボーリングのピンの底とレーンに取り付けるので、ピンが6本なので×2で12個必要です。

ダイソーのカラーボードが入っている袋は収納するのにちょうど良かったので捨てずに使いました。

作り方

①ボーリングのピンに磁石を埋め込む

磁石のくっつき方を確認します。

私が購入した磁石は同じ向きにくっついたので、その向きでピンとレーンに埋め込みたいと思います。

ピンの底にキリで穴をあけながら円を書きます。キリで開けた穴と穴の間をカッターなとで切り丸い穴をあけますそこに磁石をはめ込んで外れないようにテープで止めます。プラスチックの外側が引っかかるようにしてます。

全部のピンに磁石をセットします。

②カラーボードに磁石をセットしてレーンを作る

次はカラーボードをつかってレーンを作ります。

ピンを立てる為の磁石を埋め込みます。

カラーボードにピンを並べて位置を決めます。ピンを磁石に置き換えて磁石をグッと押し付けると型がつくので、カッターで切り抜き穴をあけます。

穴を開けたら底に磁石をはめ込んで取れないようにテープで止めます。裏返すと右の写真のようになります。

枠を作る場合は磁石の固定テープを貼った方の面で、両端から5センチくらいに線を引きカッターで軽く切り込みを入れます。ピンを立てる側の方に折り曲げます。レーンの終わりの方(磁石に近い方)の端も3センチほど切り込みを入れて折り曲げてマスキングテープなどで、左右を固定して立てます。

カラーボードはパキッと折れて分裂してしまうので、折り曲げる内側になる方にテープを貼っておくと分裂を防げます。

レーンを長くする時はもう一枚を太めのテープでつなぎ合わせるだけです。枠を作る場合は両端5センチに切り目を入れ折り曲げられるようにしてください。

収納時は真ん中から折り曲げればコンパクトになります。枠もマスキングテープテープならすぐ剥がれるので収納するのに便利です。

まとめ

レーンに磁石取り付けたことによってピンを立てる目印にもなるし、軽く引っ付くので立てやすくなり2歳の子どもでも自分でピンが並べられるようになりました。

だんだん上手になってきたので、ピンと磁石を買い足して10本並べられるようにしようかなーと考え中です。

お家ボーリングみんなで楽しんでみてください(^^)

 

子育て・遊びカテゴリの最新記事