エアコンどこで買う?ネット購入どきどき体験談2021年『ジャパネットたかた』でエアコンを買い替え

エアコンどこで買う?ネット購入どきどき体験談2021年『ジャパネットたかた』でエアコンを買い替え

こんにちは。さやペンです。

急に暑くなってきたので、あわててエアコン購入です。

昨年末からエアコンの調子が悪く(ダイキンエアコンのU0エラー)「冷媒ガスの不足」というエラーが…

このエラーがとても厄介で…

修理費が2万円〜10万円。幅広すぎ(-。-;

修理か買い替えか悩んでいるうちに、季節が変わってしまいました。

2014年に買い替えていたので、7年経たないぐらいかな。

早いわ〜😭

修理するかどうか見に来てもらうだけでも出張費とか取られるから買い替える事にしました。

 

ネットと家電量販店どっちが安い?

買い替えにあたって、安いのはどちらか?

気になるところですよね。

安いのはやっぱりネット通販です。

種類も豊富ですし、他店舗との比較もしやすい。

昨年モデル(型落ち商品)など店頭に比べると種類が豊富です。

ジャパネットたかたの『エアコン祭り』の期間だと、下取りがあったり、工事費が無料だったりするのでお得になることが多いです。

ネットと家電量販店どっちで買うのが良い?

ネットか店頭かどっちで買うのが良いかは、どちらにポイントを置くかです。

値段は少々高くなっても、店員さんのサポートを受けたいと思うのか、安さ重視で自分で頑張るのか。

ネット購入時の確認すべき項目は、

  • 付属品やセット内容
  • 標準取り付け工事費
  • 取り外し工事費
  • リサイクル料金(既存エアコン)
  • 収集運搬料金(既存エアコン)
  • その他にも追加料金がかかることも…

確認事項が多いので、自分で出来るかな?

と不安になる方も多いと思います。

わたしも不安でした。

ですが、この不安はお店選びで解消できます。

 

ネット購入の不安はショップ選びで解消

ネット購入が不安なのは、確認事項が多いから。

それに加えて、ショップごとに注文の仕方が違うからです。

買い物かご(カート)などが使いやすいお店を選ぶことが重要です。

エアコンを選んでカートに入れる。

注文画面にすすむと、エアコン取付に必要な工事が、順番に表示される。

(画像があれば、よりわかりやすい)

その中から必要な工事にチェック。

結果、商品代金と基本工事等でかかる合計金額が表示される。

エアコンを購入すると、だいたいの人が必要になる取り付け工事費。

なのに、注文画面で選べず、別のページから買い物カゴに入れなければならない。

といったサイトは使い勝手が悪い。

最安値を求めて探し回っていると、工事費などが別になっていることが多いです。

エアコン価格は、だいだいこれくらいの値段にしよう

と決めておくと、注文のしやすさで選べるようになります。

 

もう一つ、必ずと言っていいほどかかってくる、当日の追加費用。

この費用についても、だいたいの目安が計算できるお店がおすすめです。

配管の長さや化粧カバーが再利用できるかなどは、家によって違うので明確には金額を出せません。

ですが、だいたいの費用を計算できれば準備ができます。

でもこれはあくまで目安なので、少なくても1万円くらいは追加費用がかかる。

と思っていた方がいいかもしれません。

安く済めばラッキーと思えますしね。

当日の追加費用は、店頭で購入する場合にも必要だったと思います。

 

ネット購入で特に注意が必要な配送・工事手順

商品選びをしていて読んだレビューには、衝撃の事実が・・・!

エアコン本体と室外機が事前に配送される。

そして、工事日まで自宅で保管しなければならない。

これはネット注文ならではですね。

確かにネットで商品を注文すれば自宅に届きます。

だからエアコンも自宅に届く。

そして後日、取り付け業者がやってきて取り付ける。

だそうです。

いやいや・・・そんなこと・・・

 

もっとややこしいのもありました。

配送・取り付け・回収の業者が全部がバラバラ。

これは日にちを決めるだけでも大変。

商品注文

注文後に工事日を決定

工事日が決まったらリサイクル業者と回収日の相談

配送業者がエアコンをお届け(設置日までに受け取り)

工事日に業者が取り付けに来る

リサイクル業者が回収に来る

面倒なのは嫌なので、それなら多少高くても家電量販店行くわ。と言いたくなってしまいます。

一番ベストなのは、

工事の日に業者さんが持ってきてくれて、梱包資材もリサイクルエアコンも全部回収してくれる。

やっぱり簡単でないといけません。

もしかすると、1番大事なのは、配送・工事の流れかもしれないです。

 

ネット購入する際の商品の選び方は?

売り出し、込みこみ商品がおすすめ。

売り出しの商品は、込み込み価格で設定されているものが多いです。

工事費込み。古いエアコンの取り外し費用込み。下取りあり。

など大きくいろいろ書かれているとお得感が伝わります。

工事費込みの値段なので、本体価格だけ書いてある物にくらべると、ちょっと高いかな?

と思えることもありますが、実際、ちゃんとお得なものの方が多いです。

今回わたしが購入した『ジャパネットたかた』のエアコン。

購入時は昨年モデル売り尽くしのエアコン祭りをしていました。

ホントに安かったのかな?と思い購入後も追跡。

すると、

エアコン祭りが終わったあとは、下取りや工事費込みの表示がなくなっていました。

同じ商品をカートに入れてみると、別に工事費が必要でプラス2万円。

下取り割引もなくなって、取り外し費用が必要。

そんな感じで高くなることがわかりました。

なので、売り出し期間中の込みこみ商品を購入して大正解でした。

その後、新モデルのエアコン祭りが始まり、また込みこみ価格に。

旧モデルと新モデルの差額は2万円くらいでした。

 

込みこみ商品でも一応詳細を確認。

  • 標準工事費に古いエアコンの取り外し費用は含まれていません。
  • 古いエアコンの取り外しには別途費用がかかります。(下取りなどがあれば無料になることも)
  • リサイクル料金や運搬料金は別途必要。

『工事費込み』や『下取り有り』などは、商品ごとに設定されているので、間違えないようにしてください。

 

【コンセントにも注意】

エアコンのメーカーや大きさによって、100Vか200Vが決まっています。

最近まで使っていた『ダイキンエアコン』は14畳で200Vだったのに、

『シャープ』のエアコンは14畳でも100Vになっていました。

コンセントが合わない場合は、コンセント工事が必要になるので追加費用がいります。

 

『ジャパネットたかた』は安心?

エアコン、はじめてのネット購入は『ジャパネットたかた』を選びました。

ジャパネットを選んだ理由は、

注文時に工事日を決められる。

エアコンの取り付け工事業者の人が、当日、商品を持ってきて設置してくれる。

古いエアコン(壊れていても)下取りしてくれる。

長期保証もつけられる。

商品ページから、工事で追加になりそうな金額の確認ができる。

いろいろ調べて検討した結果、注文方法も工事も追加費用も全部がわかりやすかったので

『ジャパネットたかた』で購入しよう。

と決めました。

大手通販サイトだけあって安心感もありました。

それに、価格も安かったです。

工事も問題なくスムーズに終わり、ジャパネットを利用してよかったと満足しています。

 

商品ページの【当日支払い金額チェック】で、該当するのはリサイクル料金だけだったのですが、実際にはもう少しかかりました。(配管延長と再設置料金)

詳しくは注文してからの流れで書いています。

 

ジャパネットで注文してからの流れ

【5月18日(火)】

朝の6時ごろネットで注文。

注文内容は

【富士通ゼネラル(ノクリアV)18畳 200V】(お掃除機能なしのスタンダードモデル)

標準工事費込み・下取り有りで、139,800円

5年長期保証をつけたので6,990円プラス

送料がかかるそうで3,960円プラス

合計150,750円

ネット注文で次回から使えるクーポン5%還元(6,990ポイント)

ジャパネットのカード発行で送料(3,960円)分もポイントでバックしてくれるそうなので発行しました。

最短の工事可能日が5月22日(土)だったので、22日を選択。

工事時間の詳細は業者から直接連絡が来る。と書いてあった。

18日の夜に商品出荷のメールが届く。

ご注文の商品を工事業者へ出荷いたしました。
商品は工事業者が訪問と同時にお持ちいたします。

 

【5月21日(金)】

工事業者さんから電話がかかってきた。

明日の訪問予定時間の連絡と、設置場所や化粧カバーの色の確認をされました。

また明日、来る前にも連絡するとのこと。

 

【5月22日(土)】

工事担当者さんから連絡あり。

「30分程でお伺いします」

約30分後に訪問され工事開始。

取り外し・取り付けを1人で2時間くらいで終わりました。

 

実際にかかった追加費用は?

設置場所は1階。

壊れたエアコンとの付け替えです。

商品ページで、当日支払いの金額チェックをしました。

チェック項目で該当したのは、壊れたエアコンのリサイクル料金だけでした。

なので、問題なければリサイクル料金だけかな。

と思っていたのですが、実際はもう少しかかりました。

古いエアコンのリサイクル料金(+2,400円)

室外機を置く場所まで配管が少し足りなかったので1m程延長。(+2,000円)

室外既設ダクト再設置(+2,000円)

6,400円+消費税640円=7,040円

追加料金は7,040円でした。

リサイクル料金以外にかかった費用は2つ。

1つ目は【配管の延長】

配管が出てくる場所の真下に、別の室外機を置いてしまっている為、長さが足りず、横へずらすために1m延長。

もう1つは【化粧カバーの再設置料金】

配管を隠す化粧カバーは再利用したので追加費用はかかっていません。

ですが、工事をする上で化粧カバーの取り外しが必須に。

そのため、工事終了後にまた取り付けるという作業が発生します。

この取り付ける作業に対して、作業代が発生するようです。

化粧カバーに関しては追加費用がかからないと思っていたので「再設置にも作業代がかかります」と事前に一言あればよかったのになと思いました。

 

まとめ

エアコンはじめてのネット購入は、いいお店に出合ったことでスムーズに完了しました。

ネット購入するにあたって、いろいろ調べて不安になり、やっぱり辞めようかと悩みましたが、わかりやすいサイトのおかげで不安も解消。

新しい体験ができました。

今後のエアコン購入はおそらく、ジャパネットで購入することになりそうです。

生活一般カテゴリの最新記事