子どもが嫌がる歯磨きどうすればなおる?ポイントはハミガキ粉!大好きな歯磨き粉がみつかれば簡単になおる

子どもが嫌がる歯磨きどうすればなおる?ポイントはハミガキ粉!大好きな歯磨き粉がみつかれば簡単になおる

こんにちは。さやペンです。

今日は、さやペン家の『歯磨きグッズ』をご紹介。

歯磨き嫌いに悩んでいるママやパパの参考になれば嬉しいです。

歯磨きを好きにさせる方法や、ハミガキを嫌いにさせない方法を書いてます。

ぜひ一度試してみてください😊

 

すすぎ不要のハミガキジェル

このハミガキ粉(ハミガキジェル)を使っていたおかげで、ちびペンたちは、歯磨き嫌いになりませんでした。

【モンダミンキッズ フッ素仕上げジェル】

 

うがいができない小さな子供にも使えるうがい不要のフッ素仕上げジェル。

あま〜いぶどう味で、乳歯が生え始めた6ヶ月頃から使えます。

小さなこどものための、こだわりポイント

  • 薬用成分以外は食品使用成分
  • 使用後のすすぎ不要
  • 使いやすい専用やわらかハブラシ付き

フッ素配合・うがい不要に惹かれて使い始めました。

使いはじめたときは6ヶ月頃だったので、仕上げ磨き用に使っていました。

自分磨きを覚えるとき、まだうがいが出来なかったので、このハミガキジェルがちょうど良いと思い自分磨きにも使うように。

ハミガキ粉としては、すこし価格が高めだったので、うがいができるようになったら、安い歯磨き粉に変えようと思っていました。でも、それは失敗。

ぶどう味がお気に入りだったので、同じぶどう味なら大丈夫じゃないかなと、いろんなメーカーを、試しましたがどれも合わなかったみたいです。

 

歯磨きを好きにさせるポイントは?

歯磨きを好きにさせる(嫌がらずにさせる)には、歯磨き粉選びが重要です。

お気に入りのハミガキ粉さえ見つかってしまえば、歯磨きは好きになります。

 

子どもによくあることですが、好きなもの、おいしいものってたくさん欲しがりますよね。

気に入ったハミガキ粉があれば、歯ブラシにたくさん付けて食べようとします。

子供のときにやった記憶ありませんか?

そのくらい好きな歯磨き粉があれば、ハミガキの習慣付けは簡単です。

 

子供の手の届かない所に置いて管理してしまえばいいんです。

そうすると、自分でつけられないので歯ブラシにつけてわたすと喜びます。

チュウチュウ食べちゃってる感じも少しありますが「シャカシャカしてね〜」と軽く注意していれば、そのうちちゃんと磨いてくれるようになります。

 

「はみがきしなさい」って強制しなくて良いのが、1番のメリットです。

この後、洗面所へうがいに行くことに抵抗がなければいいのですが、それもめんどくさがる場合には、『うがい不要のはみがきジェル』が役立ちます。

 

本来ならハミガキ前後にうがいをしてもらいたいところですが、【洗面所へ移動】というステップが増えることで、めんどくさいゲージが上がってしまい嫌がる原因になります。

まずは朝・昼・夜にハミガキをする。という意識付けをするために、洗面所でなくても、今いる場所でお気に入りのハミガキ粉をつけた歯ブラシをわたし、ハミガキする習慣をつけていきましょう。

 

子どもは好奇心旺盛。遊びに夢中。楽しんでいることを中断されるのが嫌いです。マイペースなんです。

あせらず、ゆっくり、一つづつハミガキ工程を増やして、完璧なはみがきができるようにしていきましょう。

 

完璧なハミガキへのステップ

すすぎ不要のハミガキジェルならできる、完璧なハミガキへのステップアップ方法です。

①初めのうちは、歯磨き前後のうがいを省略。

そのかわり、何かを食べた後は、必ずお茶をのむようにします。お茶などで、口の中をなるべくきれいにしておきます。

 

②朝昼夜に歯磨きをする。ということに慣れてきたら、歯磨き前にうがいをするようにすすめます。

このときに強制はせず、あくまでおすすめです。

ハミガキする前にうがいしたほうが、口の中きれいになるよ〜。お母さんもお父さんもしてるでしょ〜。うがいしてるの見てみたいなぁ〜。

みたいな感じで。

できたときにはいっぱい褒めてあげてください。

褒められると嬉しいので、次からも頑張ってくれるようになります。

できなくても怒らないで。

 

③ハミガキ前のうがいができるようになったら、ハミガキ後のうがいも教える。

ハミガキ前のうがいができるようになった。ということは、【洗面所への移動】の習慣がついたということ。

洗面所へ行ってくれるようになったなら、ついでにハミガキ後のうがいまでしてもらいましょう。

 

年長さんくらいになってくると、少し口臭が気になるときがあります。

朝だけ歯磨き粉を変えて、少し爽快感があるものを使うのもおすすめ。

歯磨きはスッキリして気持ちいいものだと感じるキッカケになると思います。

 

子どもにおすすめのミント系ハミガキ粉は、

サンスター Doクリア

辛みの少ないソフトミントハミガキ

大人用は子どもにとっては辛かったり、刺激が強かったりするので、子供用のものを選んであげてください。

 

こんな感じで、一つずつ歯磨きの工程を増やしていくことで、自然にしっかりとした歯磨きができるようになりました。

今では軽い声かけだけで、しっかり歯磨きができています。

歯磨き粉も大人と同じ、高フッ素の配合のシステマが使えるようになりました。

仕上げ磨きの時だけは相変わらず、モンダミンキッズのフッ素仕上げジェルを使用しています(本人の希望で)

 

おすすめの『歯ブラシ』

子どもはキャラクターものの歯ブラシが大好き。

でもその歯ブラシ、意外と硬いんです。

だからその歯ブラシで仕上げ磨きをしようとすると、ちょっと痛いみたいで嫌がります。

キャラクターものは、自分磨きを楽しくするためのアイテムとして使って下さい。

 

仕上げ磨きには『仕上げ磨き専用』の歯ブラシを使いましょう。

わたしがずっと愛用しているのは

『マミー17(ソフト)』

ヘッド部分が小さく毛が柔らかい。

マミー17には、にわとりとひよこのイラストが入っています。

 

キャラクターものは自分磨き用にと書きましたが、できれば自分磨きも、歯医者さんなどですすめられる『タフト17』を使うほうがいいです。

キャラクターものの中には、ヘッド部分が大きかったり毛が硬かったりするものがあります。

力を入れ過ぎたりした場合、歯茎を痛める可能性があるからです。

ガシガシ噛んでいることが多い場合はあまり影響しませんが、歯磨きが上手にできるようになってくると、歯ブラシもちゃんと選ぶべきだと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タフト17(プレミアムソフト) 子ども用歯ブラシ 1本【タフト17】【メール便OK】
価格:159円(税込、送料別) (2021/5/2時点)

楽天で購入

 

 

子供が持ちやすい長さでヘッドもコンパクト。

可愛いネコちゃんのイラスト入り。

市販の歯ブラシよりも毛の持ちがいいです。

 

大きくなって永久歯が生えはじめる、混合歯列期には『タフト20』があります。こちらは犬のイラストです。

 

自分磨きを嫌がる時はマウスウォッシュ

歯磨きさせなきゃと神経質になると、こちらも疲れます。

機嫌が悪い時や時間が無い時などは、マウスウォッシュでOKです。

寝る前の仕上げ磨きをしっかりしてあげれば大丈夫です。たぶん😅

 

マウスウォッシュを使う時には

「これ高いんやで〜」とか「今日は特別」とか言っておくとテンションが上がります。

いいもの使ってる?みたいな感じになると、嫌がることもなく興味をもってくれます。

ポイントは『いつも』ではなく『たまに』使うことです。

たまにしか使えないことで特別感が増します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンダミンキッズぶどう味 子供用マウスウォッシュ(250ml)【モンダミン】
価格:386円(税込、送料別) (2021/5/2時点)

楽天で購入

 

 

モンダミンキッズのマウスウォッシュは仕上げジェルと味が一緒なので抵抗なく使えます。

刺激もありません。

 

歯磨き後のご褒美に

歯磨き後のご褒美には、

『ピジョンのタブレットU』がおすすめ。

キシリトールのタブレットは、これが1番おいしかった。

歯磨き後のご褒美として、キシリトールタブレットをあげることもあると思いますが、一緒に食べたことありますか?

おいしくないものもありますよ。

ご褒美になる味かどうかの確認は必須です。

歯磨きを嫌がる理由

歯磨きを嫌がる理由。

考えたり聞いたりしたことありますか?

嫌がるには理由があるのです。

『歯磨き』が嫌いなのではなく、歯磨きをする中で何か不快な事があってそれが嫌なために『歯磨きが嫌い』となってしまうのです。

あげられる理由としては、

  • 歯ブラシが痛い
  • 歯磨き粉・ジェルが嫌い
  • 歯磨きされている時間が退屈
  • 仕上げ磨きにかかる時間が長い
  • 面倒くさい
  • 歯磨きの必要性がわからない

などなど。

 

【歯ブラシが痛い】の解決策

歯ブラシをやわらかいものに変えて、適切な力加減で小刻みに磨く。

歯ブラシの持ち方は鉛筆と同じペングリップで、磨く強さは乳歯なら100g〜120g、永久歯だと150gまでくらいの力で磨きましょう。

強さはキッチンスケールに歯ブラシを押し当てて計測し、感覚を覚えてください。

軽くあてているつもりでも計ってみると、余裕で100g超えていたりします。

必ず一度はやってみてください。

この力が強すぎると、痛いと感じて嫌がる理由になるのでとっても大事です。

 

【歯磨きされている時間が退屈🥱】の解決策

仕上げ磨きの間に何もする事がないと、基本的にじっとしていられない子供には負担になります。

暇だな〜嫌だなぁ〜という思いばかりが蓄積されて、仰向けになること自体を嫌がって逃げるようになってしまします。

 

なので、仕上げ歯磨きの間はできるだけ好きな物を見させてあげる

というのが一番効果的です。

  • スマホなどでYouTubeを見ているならそのまま仰向けになってもらう。
  • YouTube禁止ならスマホで撮った子供たちの動画とか写真とか知育アプリとか。
  • 手のひらサイズの絵本を持ってもらって読みながら。
  • 子どものうえにぬいぐるみをのせて、交互にハミガキする。

 

とにかく退屈な時間にしない事が大事です。

習慣化するまでは親が、何が良いか探してあげてご機嫌を取りながらしないといけないので、少し疲れます。

でも慣れてくると、自分で好きなものを持ってきてスタンバイしてくれるようになります

 

【仕上げ磨きにかかる時間が長い】の対処法

歯医者さんで経験していると思いますが、仰向けで口を開けているとつばが溜まって苦しくなります。

歯ブラシや歯磨きジェルの水分も加算されるので、喉のほうにじわりじわりと溜まってきます。

なので、適度に口から歯ブラシを外し、ツバを飲み込めるようにしてあげましょう。

 

小さい子供なら歯の本数が少ないので上の歯、下の歯で2回くらい。

小学生くらいになってくると、奥歯だけでもいろんな方向から磨くので時間がかかります。

上下の歯それぞれに1~2回。

上から下に変わる時にもう1回。

休憩を挟んであげるといです。

口を閉じるといっても、無理に閉じる必要はありません。

歯ブラシを口から離してあげるだけで閉じるかどうかは本人次第です。

口を閉めたい場合は、歯ブラシが出ていくと自然に閉じます。

開けたままの場合は、そのままささっと磨いてあげましょう。

 

【面倒くさい】について

面倒くさいと言うようになるのはある程度大きくなった子供だと思います。

なので話せばわかる歳だと。

面倒くさいものは面倒くさい。

だけどやらなければもっと面倒な事になるよ!と忠告。

虫歯ができたら痛い思いをするのは本人だぞー!

お母さん痛くないから別に良いよ〜。

虫歯治療に歯医者さんに通うようになったら、遊ぶ時間やゲームの時間も少なくなるけど、それでもいいのか〜。

と言ってやりましょう。

 

仕上げ磨きに関しては、子供は好きなことしながら口を開けているだけ。

面倒なのは親の方だー!と言ってやりましょう😤

 

【歯磨きの必要性がわからない】について

小さい子に多い理由ですね。

どうして歯磨きしないといけないのか。

なんで?を1番わかりやすく教えてくれるのはやっぱり絵本です。

可愛いくまちゃんが泣いている(痛い)

悪そうなヤツが歯をフォークでガリガリしてる(怖い)

そんな虫バイ菌を『歯ブラシ』を使ってゴシゴシしてやっつけて『うがい』で外へ追い出す。

それが歯磨き!

我が家のチビくんも2歳くらいの時に急に嫌がり出した時期がありました。

こりゃダメだなぁーと基本学習を開始。

歯磨きの絵本やDVD。

おすすめの絵本は、

くうぴいの『すきすきはみがき』

【ミキハウス】のくうぴい絵本シリーズ生活に役立つものがたくさんあります。

 

YouTubeのお気に入りの歌は、

【東京ハイジ】のはみがきの歌です。

声もイラストも可愛いのでぜひ検索してみてください。

絵本やYouTubeの歯磨き(動画)とか、一緒に見ているうちに、イヤイヤはおさまりました。

「虫バイ菌やつける!」と歯磨きに対してやる気マンマンに(^^)

 

効果的な声かけの仕方

全てを完璧にやらせようと思うとストレスがたまります。

なので夜だけはしっかり、朝・昼はテキトーでやってます😅

 

【自分磨き】の声かけ

うがいからきちんとしてくれればありがたいですが、なかなか難しいので臨機応変に。

我が家ではずっとうがい不要のジェル歯磨きを使っています。

そのため、朝と昼に関しては歯磨き前のうがいは強制していません。

その代わりに、食べた後は必ずお茶を飲むようにし、口の中をきれいにしてもらっています。

朝と昼の歯磨きは「歯磨きしてねー」と1回だけ言います。

動かなければ歯ブラシに歯磨きジェルつけて渡すと自分でやってくれます。

 

夜に関してはうがい必須なので、お風呂で歯磨きさせます。

「グチュグチュぺー」してーってシャワーの水を口にジャーと。

あとはお風呂につかりながら自分で磨きます。

 

【仕上げ磨き】の声かけ

基本的にはお風呂で軽く自分磨きしているので、そのまま仕上げ磨きを始めます。

お風呂上がりでちび君達もリラックスして、自分時間を楽しんでいます。

なので、いきなり仕上げ磨きするぞーと呼びつけると機嫌が悪くなります。

だから事前の声かけが重要になります。

 

1回目は拒否される事を前提で声かけします。

フロスと歯ブラシを準備して近くに置いておきます。

もう少ししたら歯磨きしようかなぁーと思うくらいで1回目の「仕上げ磨きしよか〜」を言っておきます。

素直に来てくれた時は、ちょっと予定外でもすぐに仕上げ磨きをしてあげましょう。

 

だいたいは来てくれないので、自分の用事が終わって本当に今からしようと思った時に2回目言います。

ここでも来てくれない場合は、いつ(何分)になったらするのか具体的な時間を子供に決めてもらいます。

それまでの間、自分も好きなことや用事を済ませます。

約束の時間になったら来てもらいます。

ここで来なかったら怒りますが…

 

こんな感じで声かけしながら進めていくと、自分の用事も片付けられるので、じーっと待っているよりもイライラを感じなくて済みます。

ぜひ試してみんて下さい。

子育て・遊びカテゴリの最新記事