【鬼滅の刃】刀と鞘(さや)の作り方 100均商品で作る日輪刀 一から作ってみたら意外と良い物ができた

【鬼滅の刃】刀と鞘(さや)の作り方 100均商品で作る日輪刀 一から作ってみたら意外と良い物ができた

TVアニメを見て久しぶりに日輪刀を作ろうと思って材料を買いに行ったのですが、100均の刀は売り切れで手に入れることができませんでした。

子どもの影響ですっかり鬼滅ファンになってたから作るぞー!と気合い入ってたのに…残念。

100均の刀があればクオリティの高いものが簡単に作れたのに…『刀』から作るとなるとクオリティが…それにちょっと面倒だな〜と

だけど…今回はやる気が勝ったので『刀』から作ることにしました。

デコレーションパネルとプラダンで基本の刀を作る

この作り方で作った日輪刀

↓冨岡さん、胡蝶さん、善逸くんはこちら

↓煉獄杏寿郎さんはこちら

デコレーションパネルだけだとすぐに折れてしまいそうなので間にプラダンを挟んで強度を上げてみました。(プラスチックの刀には全然敵いませんが…)

デコレーションパネルは発泡スチロールを紙で挟んでるような感じの物で、プラダンはダンボールをプラスチックにしたみたいな物です。

【必要な材料】

デコレーションパネル(セリア横60×縦45×厚み0.5)

プラダン(セリア縦50×横35×厚み0.3)

両面テープ

セロテープ

マスキングテープ

今回はSeriaで見つけたデコレーションパネルを使いました。

鞘(さや)は難しそうだったので今回は刀のみを3本作りました。(後から鞘も作ったので追加で下の方に書かいてます。)

[作成手順]

デコレーションパネルで2枚作成

プラダンで1枚作成

①デコレーションパネルでプラダンを挟み両面テープでくっつける

②刀と鍔それぞれ色を塗ぬる

③刀に鍔をはめて完成

デコレーションパネルに下絵を描いて切る

『刀』の絵を1つ描いて切り取り見本(型紙)にして複数枚切り取っていきます。なので1つだけ頑張って描いてください(^^)力を入れすぎると穴が空いてしまうので軽くかいて下さい。

①デコレーションパネルの端から3センチあけ、そこから幅4センチ、高さ15センチで持ち手を描きます。(下の写真は横向きにしてます)

②持ち手4センチの両端0.5センチずつ内側から上に2.5センチ。鍔を取り付けている部分のシルバーの所を描く。(写真では刃より少し太く書いてましたが、鍔を取り付けるときに面倒だったので、刃の太さと同じにしました。)

③デコレーションパネルの右上の角に向かって『刃』の部分を描いていきます。②で描いた位置から上に10センチずつ、パネルの右端から3.5センチ→3センチ→2センチ→1センチ→角となるように印をつけて刀に角度をつけます。(軽く直線で結んでから自然な曲線になるように補正してください。)

④刃の幅は③で印をつけた場所から左側に、下から10センチ、10センチまでは3センチ幅、次の10センチは2.8センチ、その次は2.6センチと少し細くなるようにし、刃の先端は上から2センチの所から角に向かって曲線をかく。

つなぎ地点や線が直線的でカクカクしている場合は、少しまるみをつけたりして滑らかになるよう調整してください。

⑤描けた絵を切り取り見本(型紙)をつくります。

不要な段ボールなどを下に敷いてカッターで刀を切り取ります。スーッと簡単に切れるので曲線などに注意しながらゆっくり切り取ってください。

『刀』が一つ切り取れたら、それを見本(型紙)にして残りの刀も切り取っていきます。

⑥1本の刀が横幅8センチ以内で書けるので、8センチの所に線を引いて印をつけます。

8センチで区切った線で切り離さないでください

8センチで区切った線を切ってしまうと4枚しか取れないので2本しか作れません。⑥で書いた8センチの区切りの線は刀の見本を固定する目安にするためのものなので切らないようにしたください。

見本の刀をマスキングテープテープで固定しカッターで切り取っていきます。同じ作業を繰り返します。

4枚切り取れたら、刀と刀の間の残ったスペースを使ってさらに2枚作ります。

【胡蝶さんの特殊な形】

胡蝶さんのは少し形が違うので、見本をさらに切って胡蝶さん専用に作り直します

①刀の先端から5センチ、刃の付け根部分から5センチ(滅殺の文字部分)に印をつける。

②①の部分は残してその間の部分を刃の方から1センチの幅で切り取れば出来上がりです。

②プラダンを切る

プラダンはサイズが小さく長さが足りないので分割して切った物をセロテープでくっつけます。

写真では刃の途中でつなぎ合わせる形になっていますが、遊んでいるとつなぎ目でポキッと折れてしまったので刃の方は出来るだけ一本で切り、柄(持ち手)の方でくっつける方が折れにくいのかなと思いました。

また、プラダンの向きも、段ボールのなみなみが横になっているとその位置で綺麗に折れ曲がってしまったので、なみなみが縦になる方が折れにくくなるかもしれません。

プラダンは少し硬くて切りにくいのでカッターを使うときは注意してください

①プラダンに見本の刀を固定します。刃の先端が入る位置に置き、2箇所マスキングテープで止めます。下側は続きを切るときの目印にもなるので、プラダンの端に合わせて貼ります。

②みほんに沿ってカッターで切る。

③見本を固定し直して続きを切ります。

④切ったプラダンを見本の上に置き、長さを確認・調整しながらつなぎ目をセロテープでくっつけます。つなぎ目から少し横も含めてグルグル巻けば折れにくくなるかもしれません。

⑤他の2本についても同じようにして作ります。

③両面テープで貼り合せる

デコレーションパネル2枚でプラダンを挟みます。

めくれてくるのを防ぐために出来るだけ、端の方に両面テープを貼ってピッタリ貼り合わせます。

以上で基本の刀作り終了です。

鍔の作り方基本サイズ(共通)

デコレーションパネルの左端から10センチの所に縦線を引き10センチごとに区切って正方形をつくります。6つの枠ができます。1つの鍔に2枚使うので3個分です。

①正方形の中に中心を通る縦・横の十字線と斜めのX線を書く

②刃を通す部分を書く。中心から左右に1.5ずつ、上下に0.7ずつ、3センチ×1.4センチの長方形を書く

大体のサイズなので入らない場合は微調整してください。

③作りたい日輪刀の模様を描いてカッターで切ります。

④『刀』の作り方と同じように③で描いて切り取った物を見本にして、パネルでもう1枚とプラダンで1枚、合計3枚作ります。

⑤3枚できたら刃がちゃんと通るかどうか、通してみて確認する。通らない場合は少し切って調整して下さい。

⑥最後に3枚を両面テープで貼り合せて完成です。

鞘(さや)の作り方

やっぱり鞘も欲しいと言われ作ってみました。

直線で作るとだいぶ大きくなってしまい見た目も悪くなりそうだったので、ちょっと難しいですが刀にあわせて少しカーブしているものを作りました。

長さは45センチ。刀の反りに合わせて鞘も少し反らせます。

①パネルの下側で、右端から5.5センチ、1.7センチ、5.5センチ計ります。

②鞘の幅は4センチにしたいので、1.7センチ幅を中心に左右に4センチ計ります。

③1.7センチ幅の所は上まで真っ直ぐ。左右の4センチ幅は下から20センチまでは真っ直ぐでそれより上は角度をつけていきます。

④下から30センチの位置では中心から0.5離します。40センチ地点で1センチ、45センチ地点では1.5センチ離します。鞘の幅も下から40センチより上は少し細くして3.8センチにします。

⑤幅1.8センチ長さ45センチで真っ直ぐ1本つくる。

↓こんな感じになります。

⑥先端を塞ぐ部分をつくります。

左の部分だけ1.5センチ、あとの右側2つと、もう1本は上から1センチに線を書く。

左の1.5センチの残す部分は、折り曲げるので切れ目だけ入れる。残りは上から1センチを切り落とす。

⑦組み立てます。

下から20センチの部分は縦の線の表面に折り曲げる為の切れ目を入れ折り曲げます。(完全に切ってしまわないよう注意して下さい)

先端も折り曲げセロテープで止めます。

⑧別になっている1本で蓋をし、セロテープで固定します。中に刀を入れた状態で固定すると止めやすいです。でもあまりぎゅっと止めてしまうと出せなくなってしまったりするので、調整しながら止めてください。

別になっている1本でふさぐのですが、上に乗せる感じだと鞘をぎゅっと持ってしまった時に形がつぶれてしまうので、真っ直ぐになっている20センチくらいまでは間に挟みテープで固定、角度がついてくるそれより先の部分は少しずつ外へ出し先端では上からのせるような感じになります。(20センチの位置で内側に軽く切れ目を入れておくと自然に曲げられます)

↓写真では左が先の方になってます。

↓冨岡さんの刀ですが、鞘に納めてみるとこんな感じになります。

『悪鬼滅殺』文字の書き方

自力で描くには難しいので文字を印刷して切り抜きして描きます。文字を仕上げるときにも見たいので切り抜き用と見本用2つ用意しておきます。

ペーパークラフト用など印刷紙があれば、普通の紙よりしっかりしているので使いやすいです。

印刷したら1枚は文字部分をカッターで切り抜きます。この作業もちょっと集中力がいりますがポイントになるので頑張りましょう。

文字の切り抜きが終わったら、作業用段ボールの上に刀を置き、その上に切り抜きした紙を置いて刀に沿わせて側面を折り曲げテープで固定します。

隙間ができないように止めたいので、折り曲げる位置がわかるよう軽く曲げ、一度刀から外してしっかり折り目をつけます。

切り抜いた部分が浮き上がったりしてうまく折れない場合は、切り抜きした文字全体を上から定規で押さえると曲げやすくなります。

固定できたら爪楊枝などで文字の浮き上がりを押さえながら白色で塗り潰します。濃いめに塗ります。

そうするとこんな感じになります。このままでは文字が読めないのでここに修正を加えていきます。

細い筆が使いやすいです。筆よりも細くしたいところは爪楊枝を使います。

①白色で薄い部分を濃くします。

②背景色の黒や青を使って、はみ出している部分を塗って消します。切り抜きで無くなった中の部分も描きます。

こうすると意外と綺麗な字に仕上がります。

間違えて塗ってしまっても、少し乾かしてから塗り直せば問題ないです。

あんまり神経質になると終わらないのでほどほどに(^^)

 

100均の刀を使った日輪刀

竈門炭治郎はこちら↓

嘴平伊之助はこちら↓

風柱 不死川実弥はこちら↓

ついに発売劇場版DVD楽天市場でも予約受付中

 

 

子育て・遊びカテゴリの最新記事